人気ブログランキング |

猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

映画「てぃだかんかん」

d0164118_14432776.jpg


この映画の監督さんが、私の長年のお料理お師匠様の娘婿様でいらっしゃる関係で、お教室で毎回、お師匠様が絶賛宣伝なさいます。凄く一生懸命に。いいお姑さんだよなぁ。
で、前作の「デトロイト・メタルシティ」に引き続き今回もやっぱ、観ておかないとね、という事で、上映終了を来週に控えて駆け込みセーフな感じで本日見て参りました。

派手さは全くありませんが、ヒトの美しさ、醜さ、生きる意味、幸福の価値、貫くということ、美しく在るということ、そういう事を様々考えさせられる、とても優しく素晴らしい映画だったと思います。
一人でも多くの人に観て貰えたらいいなと、掛け値無しに思える映画です。
こういう映画はミニシアターあたりでじっくりゆっくり上映して、沢山の人に観て貰いたいなぁ、と感じました。何故、ゴールデンウィークにぶつけたのだ…超大作には圧されるに決まっているのに。実際、私の近所や大概のシアターで、一日フルでは上映されず、早朝や最終回などのイレギュラーな時間だけの上映が多くて。勿体ない話です。
しかし派手さがないのと宣伝が今ひとつ内容の良さを伝え切れていない所為で、お客の入りは哀しい程にガラガラで。こういう映画がもっとヒットしないとなぁ、と少し切なくなった私です。

ネタバレしてどうこう、という内容の映画でもないのですが、
一応、自重モードということで、以下は折り畳みます。
多少はストーリーに関係したお話も致しますので、問題ないと思う方のみ、ご覧ください。
出演者の方々その他につきましては敬称略させて頂いております。



前作「デトロイト・メタルシティ」がコミック原作の実写化、主演松山ケンイチという、かなり派手要素満載の作品だったのに反比例するような今回の作品。

主演・岡村隆史が、果たして吉と出たか凶と出たかに関しては観る人の意見が分かれる所じゃないかと。うーんうーん、悪くはない。悪くはないのですが。矢張り役者としての岡村隆史にはまだ少しのぎこちなさがあるように思います。演技もそつなく、決してヘタではなく、きっと巧いのです。
ですが、どこか「演じている」と思わせる、作り物じみた違和感が拭えない気がしました。この役が彼である必然性はあったのかな、と少し首を傾げてしまう。

反面、奥さん役の松雪泰子は素晴らしい。
前作の下品な阿婆擦れ女社長とは一転、今回は楚々とした優しげだけれども真っ直ぐで芯の強い女性を好演しています。ほんやり、ナチュラルで、飾り気はないけれどとても美しい人という感じです。
スクリーンに彼女が映る都度に目が行ってしまう。華のある人とはこういうものなんだな。

そして母親役の原田美枝子がまた、美しい。こういう風にトシを取りたいなあって思います。
凛として胸を張って歳を重ねてる、美しい人だなあって。
そういえばデトロイト・メタルシティの宮崎美子もとても美しかった。
翻って友情出演の長澤まさみはそんなに美しくなかった気がする。
あれ?もしかして李監督は、年配女性を綺麗に撮るヒトのような気がするぞ(笑)

友人役の吉沢悠は、最近地味にあちこちのトレンディドラマで見掛ける若手実力派です。
私は彼を最初に認識したのが「働きマン」のヒロインの凄く優しい彼氏役「しんじ」だったものだから、未だに「しんじ」と呼んでますがそれはまあどうでもいいことですね。
彼もいいです、地味に凄くいいです。演技巧いなあって思いますが彼の残念なところはどんな役をやっても同じヒトに見えるとこかな。キムタクが何やってもキムタクなのに似ています。織田裕二が何やっても織田裕二だったり。あれでもそれって主役級ってことなのかしら…。

その他、脇を固める役者陣が素晴らしく燻し銀ぽい渋い味わいを放っていて、映画に深みを与えてます。それはデトロイト・メタルシティでもそうだった。単なる薄っぺらな娯楽作品に終わらないところが李監督の凄いところかなと思います。似た映画はあれこれありますがどれも何となく心に響くものがないんですが、李監督のは何だか妙に引っ掛かるところがある。

監督はきっと、不器用に無骨に自分の好きな事を見つけて一生懸命に生きて居る人が好きなのじゃないかなと思います。
誰かに認められなくても、評価されなくても、そういう周囲の評価と、信じて進んでいる事への価値とは違うものなんだよという優しいメッセージが、作品随所に散りばめられている気がして。
自分に嘘を吐かないで、いつか自分の信じる所に行き着けぱ、それが最高に価値のある事なんだよという、そんなエールが聞こえてくるような。

松雪さんはきっと、その監督の気持ちをがっぷり受け止めて理解して演技されてるのでしょう。
だから一番輝いてる。

観ていると何だか知らないけれど泣けてきます。
人はなんて愚かで醜くて、
でも人はなんてちっぽけなのに健気で、
そしてなんて強くて優しいのだろう、と。

お腹一杯ゴハンが食べたいと呟く息子を前に
十億の金を目の前にぶら下げられて
魂を売るか否かの選択を迫られて
血反吐を吐いても信念貫く勇気が私にあるだろうか。
多くの人はきっと、ない。

その強さを、沖縄の美しい珊瑚がくれた。

そんなお話。

本当の幸せは、お金じゃないよね、と。
私もそう思います、心から。
by nekogarden | 2010-05-19 16:14 | 映画・音楽など感想