猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

徒歩圏内の「不思議の国」

d0164118_8302543.jpg


自己啓発的、マクロレンズの魅力再発見推奨週間。
ということで、私の持っているマクロレンズの限界まで対象物に寄ってみるテストを行っています。
お散歩先で植物や目についた被写体にひたすら寄る、寄る。
傍からみたら確実に不審者です。
でも、ここまで近付くと、身近な物たちが思ってもみない美しい表情を見せてくれるのが、改めてとても新鮮な驚きで。

こちらは、ご近所さまの石垣に満開の多肉植物のお花。
名前は知らないんですよね。多分、昔っからあるポピュラーな種類だと思います。
大増殖してもさもさわさわさしています。

d0164118_8303518.jpg


昨日の綿毛祭りの名残で、綿毛の内面にフォーカスしたもの。
普通に屋外で撮ってるのに、まるで屋外ではないみたいに撮れるのもマクロならでは、かな。


d0164118_8304480.jpg


こちらは「春紫苑」、俗称「貧乏草」(笑)
どこにでもにょきにょき生えるこの雑草ですが寄って撮ると息を呑む程美しくないですか。
ひょろりとした背丈の草なので、微量の風でもぐらぐら揺れて撮りにくい事おびただしいのですが。狙った箇所にフォーカスするのにかなり苦心しました。
by nekogarden | 2010-05-29 08:41 | 植物たち