猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

無知の無知。

d0164118_10305542.jpg


植物なんだから水をやっとけばいいでしょ、的刷り込みがされているのだと思います、ヒトは。
で、水をやりすぎると枯れるモノが在る事に、枯れさせてはじめて気付くという。

いやはや、無知というのは恐ろしい。
知らない事を知らない、となると、学ばなくてはいけないことにすら気付かない訳で。
無知の知、よりも遙かに遙かに、質が悪い。

ということで、ベランダの三分の一ほどを占拠する程に植物を増やしてから、漸くにして多肉植物の書籍をamazonにて2冊ほど購入。熟読して己の手酷い失敗に気付くわけです。あちゃー。
三日にいっぺんは水をやってました。10日に一度くらいで十分だったのね。
そりゃ、子持ち蓮華さんも昇天あそばすというもの。
ごめんね、何もかも私の不徳の致すところ。
辛うじて命を留めている子持ち蓮華さんのお子達、もう水は滅多にやらないよ。だから生きておくれよ。そんな声を掛けて励ます駄目な管理者でゴメンナサイ。

同じような水やりの所為で恐らく、スプレンダーさんが少し危険な目に遭ってる気がします。
下葉の朽ちるスピードはそんなに速くないんだけど。一体どの程度から切り戻しとやらをやるべきなのか判断に困るあたりが初心者で。何度か失敗を繰り返して身をもって学んでいかねば駄目なんだろうなと思いつつ、その犠牲になっちゃうのかもしれない幾株かの子達にはホントに申し訳なくて。出来れば助かって欲しいよう、と己の未熟を反省しまくり。
でも同じ失敗だけは繰り返さない事が、犠牲になった子達を生かす意味にもなるよなと。

ということで、失敗はきっちりブログに明記しておくのが私の今の役目よね。

教訓。水やりは10日に一度。


で、本日のお写真は、セダム・ブレビフォリウム。
何とも言えない綺麗な緑色に、ぷちぷちの葉がたまらなくキュートでダイスキ。
約一ヶ月前に植えて、今は随分馴染んで元気に伸びてます。
セダムたちは本当に太陽が大好きで、陽の光が当たってると嬉しそうにニョキニョキしてて、其の姿が殊更にカワイイです。
セダムだけは数年越しに育ててるので、少しは生態を理解している私でした。
by nekogarden | 2010-06-07 10:53 | 植物たち