猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

49日が過ぎました

d0164118_13111371.jpg


あれからしばらく、くるみの写真を見ると悲しくなってしまって
なかなかブログの更新が出来なくてすっかり時間が経過してしまいました。

早いモノで、昨日、49日が過ぎました。
それまでお花を絶やすことなくいたのですが、
そろそろ少し、落ち着こうかなあと思って、
あちこちのくるみのものを片付けはじめました。

ぐりこもすっかり、一匹で居る事に馴染んできたようですが、
それでもくるみが死んでからヒトツ、凄く変わった事があって。
それは、ゴハンを少しだけ残すようになったことです。
今までは完食していたのに。一粒二粒、カリカリをお皿に残すのです。
まるで、これはくるみの分、って言ってるみたいで。
ホントは全然違う理由なのかもしれないんですが、
でも何となくそんな風に思ってしまいます(笑)

くるみが死んで、色んな事を教わりました。
両親に沢山感謝して、大切にしないとなあ、とか。
生きるっていうことは、奇蹟の連続なんだなあ、とか。

一瞬一瞬が本当にかけがえのない、
今しか得られないもので出来てるんだということ。
確かにあった手の中の温もりは、
次の瞬間にはもう二度と得られないものになってしまうんだということ。

そして、しみじみ思いました。
私はなんて幸せなんだろう。

心配してくれる沢山の友人や家族がいてくれて。
膝の上で平穏な顔で寝てくれるぐりこがいてくれて。
17年、色んな想い出をくれたくるみをちゃんと最後まで看取れて。

もう、こんな風に二匹が一緒に眠っている姿を見る事はできないけれど。
本当のありがとうが、やっと言えそうです。
くるみ、うちに来てくれてありがとうね。
by nekogarden | 2011-11-29 13:23 | くるみについて