人気ブログランキング |

猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

カテゴリ:ひまりについて( 4 )

d0164118_12542459.jpg


d0164118_12541256.jpg


d0164118_12535973.jpg


d0164118_12542292.jpg


体重は1.9キロになりました。
順調に大きくなってます。
心臓の音も問題ないって!良かった−。
次は半年後、ぐりこと一緒にまた来ます。

d0164118_12541427.jpg


d0164118_12542528.jpg


d0164118_12541529.jpg


新しい場所では、やっぱりビビリ気味。
腰がひけてますが、それでも好奇心は旺盛。

d0164118_1254178.jpg


お庭で動くモノに凄く心惹かれてた様子。
ありんことか。沢山もぞもぞしてるのを凝視してました。

d0164118_1254196.jpg


じじばばにも、そこそこ抱っこして貰い
ひととおり満足したあたりでお昼御飯。
食べてる間はずっと私の膝で丸くなって大人しくしていたひまりでした。
でも途中からは、ぐりこが居ないのが寂しいぽい感じで
姿を探しては鳴いてるのが可愛かった…!
ぐりたん大好きなひまりです。
でも、もっとじじばばには愛想振りまいておくれ。
色々後で得だからね(笑)
by nekogarden | 2012-06-24 12:53 | ひまりについて
仔猫は良く動くのですよ。
協力者なしで思い通りのポーズを撮影するのは至難の業。
そんな私の苦労日記。

d0164118_1513491.jpg


d0164118_1503032.jpg


d0164118_1501981.jpg


d0164118_151113.jpg


d0164118_1542743.jpg


d0164118_1505635.jpg


いつかリベンジ…!

って言ってる間に仔猫の時期は終了してそうです(笑)
by nekogarden | 2012-06-15 01:56 | ひまりについて

獣医さんに行こう!

先日、27日の日曜日。
ひまりを初めて、獣医さんに連れて行く日。
我が家に来てからまだ5日めですが、
土曜日に初めて、ぐりこと2人きりのお留守番もこなして
随分、家の雰囲気にも馴染んできました。
で、日曜の朝にはこんな光景も↓

d0164118_19153462.jpg

ここはぐりこの一番お気に入りの場所。
そこにひまりがぐいぐいとアピールしに来ました(笑)

そして本日のメインイベント、
獣医さんにゴー!
車で約10分の短い旅です。
ひまりを籠にインして、いざ出発。

d0164118_19153581.jpg


d0164118_19153792.jpg


不穏な空気を察して途中からぐずり出すひまり。
でも、ぐりこほど大騒ぎはしなかったな。
ぐりこは、車に載っている間じゅう、
この世のオワリのような叫び声を延々上げ続けます(笑)

d0164118_19153959.jpg


獣医さんの待合室にて。
後からやって来たコーギーちゃんの目が蒼い!!
珍しさに思わず、飼い主さんに撮影許可を求めて撮影させていただきました。
ハスキーみたいですよね〜。
ワンちゃんの青い目はハスキー以外では初めて見た気がします。
凄く人懐こくてカワイイ子でした。
本日はフィラリア予防注射で来院ですって。

そして、ひまりを無事に診察。
ワクチンもしっかり接種して頂く。
ひまり、とてもお利口に大人しくしてました。
こちらの獣医さんは、
くるみが10歳くらいの頃からずーっとお世話になっていて、
とても信頼できる獣医さんなのです。

d0164118_19154862.jpg


診察から帰る時のひまりの表情が、
向かう時の顔と全然違う(笑)

で、獣医さんのお話では、メインクーンは遺伝形質的に、
肥大性心筋症の症例がとても出やすい種なんだそう。
優性遺伝で引き継いでしまうらしくて、発症率も高いんだとか。
なので、今のところは大丈夫だけれど、
定期的に心音を測るようにしましょうと言われました。
この症例は、メインクーン、マンチカン、アメリカンショートヘアに多いんだそう。
帰ってから、ネットで調べてみると確かにその通り。
そして、突然死も多いこの病気の最善の対応策は、早期発見。
とりあえずは、半年ごとに心音を測ることになりました。

半年後はぐりこのワクチン接種の時期と重なるので、
ある意味丁度良かった…(笑)
とりあえずは、一ヶ月後にもう一度ワクチン接種。
その次の半年後は、ぐりこと2匹で仲良く来院ということになりそうです。

肥大性心筋症、とても怖い病気みたいなので
発症しないとよいな。しませんように。

そして、帰って来てから、素敵なワンシーンが!
ぐりことひまり、初のらぶらぶツーショット。

d0164118_202894.jpg


ひまりの頭を舐めてあげてるぐりこの図。
獣医さんお疲れ様、って労ってあげているようにも見えました。
きゃー!こんなに早くこんな風な2匹の姿を眺められるなんて。
やっぱりこの2匹はとっても相性が良いのだと確信しました。
むふん、飼い主冥利に尽きます。
by nekogarden | 2012-05-29 19:52 | ひまりについて
d0164118_1233342.jpg


昨日、我が家に新しい家族がやってきました。
メインクーンの女の子、3月12日12時50分生まれ、
生後二ヶ月半のひまり(陽鞠)です。

d0164118_1233981.jpg


ネットで知り合って十年来の仲良しの友人K嬢から
4月の中旬、里親を捜しているというお話を紹介されて、
是非にとお願いしてお迎えの運びとなりました。

私は「縁」を大切にするところがありまして。
猫を飼うっていうのは特に、十年以上、
生活を共にするパートナーになるわけですし、
出来れば人との繋がりの中でお迎え出来る契機みたいなものは
外したくないなあ、と思うのです。

d0164118_12331711.jpg


くるみが天国に行ってから
次の子をお迎えするのなら、五月くらいかなあ、という話をしていたこともあり、
そして、お迎えするならブルー系統の毛色の子がいいね、という話をしていたこともあり。
しかも、脇腹とかお腹の柄とか、アメショのくるみの柄に良く似ていて。
ソックス履いてる柄もいいなあ、とちょっと憧れていたりもしたので、
なんだかひまりは色んなモノがぴたりと合致していた気がします。

d0164118_12333514.jpg


里親募集をされていた飼い主さん宅は、メインクーンばかり9匹もいる
まさにエキスパートのような方で。
横浜から西宮まで、遠路はるばるの旅ではありましたが、
わざわざ出掛けた甲斐が十二分にある
メインクーンパラダイスにて、至福の数時間を過ごしました。

仔猫は男女二匹ずつの四匹が居たのですが、
とにかくひまりは、最初からアピールしまくりで寄って来てくれる子で(笑)
どの子も見目麗しく個性的で、選ぶのには本当に難儀しましたが、
とにかく、先住猫の愛しのぐりこと、上手に折り合いつけてくれそうな子、
というのが私的には最重要項目でして。
おっとりしているのに人懐こくて優しい気性に見えたひまりが、
きっと一番馴染んでくれるかな、と思いました。

そして、お前に決めたぞ、と語り掛けて、さて、連れ帰るか、という段取りになった時のこと。
不思議ですね、ひまりがフッと、お母さん猫に近付いて、お乳を吸い始めたんですよね。
飼い主さんたちも驚いてました、もうあんまり、お乳を吸うことはなくなっていたらしくて。
お別れの儀式なのかなあ、判ってるのかなあ、と、何だか涙を誘う光景でした。
そういえば、お母さん猫も、私が訪れた時から凄く近くに来てくれて、
値踏みしているのだか、子供を宜しくと言っているのだか、
そんな何かを伝えたがっているように見えて不思議だったのです。

沢山の親兄弟たちに囲まれて、飼い主さんの愛情をたっぷり受けて育ったひまり、
何だか引き離して連れ帰る罪悪感が半端無かったんですが(笑)
その分、いままで以上にシアワセだと思って貰えるように大事にしないとなあ、と
そんな風に強く思う事が出来たので、やっぱり遠路からお迎えにあがって良かったな。

d0164118_1233117.jpg


同じタイミングで、飼い主さんを紹介してくれた友人K嬢も、男の子を引き取りまして。
その日は二匹を共にK嬢の家まで連れ帰って一泊。
ワンクッションになってちょっと良かったかな。
翌日に、新幹線でよいせよいせと、我が家まで連れ帰って来たのが昨日、23日の事でした。
心配していた新幹線ですが、ひまりはとても物わかりの良い子で
車中では殆ど鳴く事がなく、膝の上で大人しくすやすや寝ていました。
車内は結構な混雑で、乗車率は100パーセントくらい。
お隣の席にはビジネスマンの方が座ってましたが
全くご迷惑お掛けすることもなかったと…思います、多分…。

新横浜の駅までは、お迎えの為にわざわざ仕事を休んだ主人が出迎えに来てくれて(笑)
きっと、ひとはそれを全裸待機という…(笑)
ちなみに主人は、くるみが天に召された時も重要な会議を投げ出して早退したため、
社内では「猫忌引きの猫部長」と呼ばれていますww

そうして無事に我が家に辿り着いたひまり、ぐりこと対面を果たす訳ですが。
ぐりこは予想通り、シャー!フー!って叫んで隅っこにいってしまいました。
ひまりは、声は出しませんでしたが、小さい身体をぱんぱんに丸くして
目は逸らさずに真っ直ぐ見詰め返し、「た、タイマンなら、ま、負けへんで!」的な様子。
でもなんか微笑ましい感じで、第三者は暖かく見守ってました(笑)
その日はそんな感じで、新参者許すまじ、的なぐりこだったのですが、
翌日となった本日は、随分態度も軟化。
なにしろ、ひまりは、のほほーんとしておっとりしてる子なので。

午後現在、まだ、ぐりこは、ぐるぐる唸ったりシャーって威嚇したりはしていますが
多分、数日で慣れてくれそうな予感。
ひまりは甘ったれ全開で、即日、主人に懐いて首筋襟巻き状態で寝てました(笑)
私や主人の姿が見えなくなると全力で鳴いて探す、サミシガリの甘ったれさんです。
そして既に「ひまり」という名前を認識していて、遠くで姿が見えなくても、
「ひまりー!」と呼ぶと、全速力ですっとんで来ます。
犬みたいな子(笑)

顔の柄が、何だか秘境の祈祷師のメイクみたいなので、別名はシャーマンですw
大人になったら、キリリ顔の美人になりそう。

d0164118_12331088.jpg


なお、お迎え紀行の道中、1人で移動中の心細い中、
ツイッターのフォロワーさん達の暖かいご声援がホントに嬉しくありがたく。
ひまり写真に嬉しい反応たくさん頂けて、至福気分が倍増しました。
こういうのを感じる都度に、人の繋がりとか縁って、優しくて暖かいなあとしみじみ。
道中は結構いっぱいいっぱいで、細かいレスなど全然出来ませんでしたが
こちらで改めて心よりの感謝を!
みんな愛してるんだぜ!(*´∀`*)
by nekogarden | 2012-05-24 13:09 | ひまりについて