人気ブログランキング |

猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

カテゴリ:植物たち( 31 )

散りゆく花も花

d0164118_21125677.jpg


更新、随分サボってしまいました。
本日、毎年訪れている、ばら苑に今年も滑り込みセーフで訪れることができたので、久し振りの更新をしてみました。
開花時期のみオープンする秘密の花園。
今年はなかなか訪れる時間があわずに、閉園時期ぎりぎり漸く、薔薇さん達に無事にご挨拶する事が出来ました。
残念ながら私の大好きなオールドイングリッシュローズさん達は見事に散り終えて、愛しのジェントルハーマイオニーさんなど、花首も斬り落とされて葉っぱのみになっておりました。しゅーん。
それでも、遅咲きの薔薇さん達は懸命に沢山花をつけてました。
散り際の花はこれはこれでやっぱり美しいなあ。
いつも咲き始めに訪れるので、瑞々しい蕾の写真などが多かったんですが、今回は少し乾いた俯き加減、花弁も大きく開いて魅惑の熟女という感じの素敵な風情を堪能。

生きているからこそ、一瞬一瞬で表情が違うものだと再認識。
花は散るからこそ、美しいのだな。という言い尽くされた言葉は実はとても深いのだとも思わされました。

帰り道、これからばら苑に向かう、壮年期らしき熟女のお二人に「薔薇もう散っちゃってた?」と尋ねられ「散っている花も多かったんですが、まだ頑張って咲いてくれてましたよ」と返答すると「あら、じゃあ私達くらいかしらねえ!あはは!」と笑いながら去っていかれました。
幾つになっても花は花、明るく前向きに笑って去って行くお二人は素敵でした。

d0164118_21124556.jpg


d0164118_21114980.jpg


d0164118_21113456.jpg


d0164118_21113374.jpg


d0164118_21115068.jpg


d0164118_2112313.jpg


d0164118_21113658.jpg


d0164118_21111893.jpg


d0164118_21111760.jpg


d0164118_21112040.jpg


d0164118_2111288.jpg


d0164118_21111424.jpg


d0164118_2123360.jpg


d0164118_21232464.jpg

by nekogarden | 2013-06-01 21:24 | 植物たち
d0164118_1332118.jpg


今年もやって来ました、オレガノ・ケントビューティーの切り戻しの時期。
実はこれは毎年の密かな愉しみなのです。

春先に芽吹いたオレガノ・ケントビューティーさん達は
初夏に向けてもりもりもりもり、花を咲かせて枝を伸ばします。
こうして咲ききった枝を、ばっさり切り戻しをしてやることで
また夏に向けて新芽を沢山伸ばして、もう一度花をつけてくれるのです。

d0164118_13321038.jpg


切るときは思い切りよく、割と根元の方から
ざくざくざくざく!
今年は2株を植え直して、2株分を切り戻したんですが、
拡げた新聞紙にこんもり積み上がるくらい、
花を収穫できました。
この花たちを少し手を掛けて整えてやって、ドライフラワーにするのです。
といっても、作業自体は簡単。
ぷちぷちと覗いている紫の花が咲き終わって茶色くなっているものだけ
丁寧に取り除いてやるだけ。
少し面倒臭いんですが、これをやるだけで、
ドライフラワーの仕上がりの見た目が格段に違います。

d0164118_1332854.jpg


あとはこうやって、風通しの良いところに吊り下げておくこと、数日。
とても美しい色合いの、優しい雰囲気のドライフラワーが出来上がります。
一年くらいは綺麗な色で愉しめるので、
オレガノ・ケントビューティーを栽培している方は、是非是非、いますぐ切り戻し!
紫の花が満開くらいの頃合いが一番適していると思います。
それ以降になると、花が乾燥して色が悪くなってきてしまうので。
切り戻した株はかなりこざっぱりとして見た目が悪くなりますが
少し追肥をしてやれば、また、もりもり新芽を伸ばします。

このところ、猫記事ばかりでしたが、
ちゃんと植物の面倒も見てます〜!(笑)

ちなみにぐりことひまりはもうすっかり和やかムード、
ぐりこは先日、ひまりの毛色の毛玉を吐きました…
どんだけ、毛繕いしてやったんでしょうかね、ぐりこ(笑)

って、今みたら、2匹が可愛い寝姿になっていたので、
慌てて撮影、こちらの記事に追加してみました。

d0164118_1455075.jpg


はあ〜、シアワセ。
この2匹が仲良く眠ってる姿を眺めてるだけで
凄く癒されて満たされます。
白黒猫とグレー猫の色合わせってサイコーだな。むふん。
by nekogarden | 2012-06-05 13:43 | 植物たち
d0164118_1842335.jpg


d0164118_1842272.jpg


まずは、少しひいたショットでばら苑の様子など。
とても広いので、広角レンズでないと
なかなか全容を写すことができません。
だから私のカメラでは無理なんだぜ…。
広角レンズほしーなー。
今回は愛用のマクロレンズで撮影。
やっぱり花の撮影はこれが一番私の趣味に合ってる気がします。

以下、名前は割愛して、ピン撮影の薔薇をずらりと。
陽射しが強くてカラーバランス設定が難しいったら。
色補正をあれこれかけて、出来る限り実物の色合いに近づけてあります。

d0164118_1851225.jpg


d0164118_1843378.jpg


d0164118_1842695.jpg


d0164118_185810.jpg


d0164118_185483.jpg


d0164118_185237.jpg

↑こちらは黒真珠、という種類の妖艶な黒薔薇でした。
でも写真ではなかなか、
ベルベットのような美しく妖艶かつ深淵な佇まいを表現できない…悔しい。

以下は、少しだけ咲き始めていた
オールドイングリッシュローズたち。
私はやっぱりこの子達がスキだなあ。
ルドゥーテの絵を見てるみたい。

d0164118_1843973.jpg


d0164118_184372.jpg


d0164118_1843114.jpg


d0164118_1845191.jpg


再来週のリベンジで
オールドイングリッシュローズがもう少し沢山撮れるとよいな。
by nekogarden | 2012-05-19 18:14 | 植物たち

今年のばら苑

d0164118_2213056.jpg



ご近所のばら苑が今年の春の解禁を迎えました。
昨晩の豪雨で花首は項垂れ気味、
グラデーション系の薔薇の花弁は酸性雨で斑模様になったりして
少しコンディションは悪かったのですが、
それでも矢張り美しいものは美しい。

d0164118_22134316.jpg



ものすごく沢山の写真を撮影してきたので
なかなか絞りきれず。
今日と明日の2回に分けて薔薇たちをご紹介しようと思います。
これでも、余りに好天に恵まれすぎて白飛びしてしまったりして
巧く撮れていない薔薇も沢山いて悔しい思いをしました。

d0164118_22335760.jpg

↑こちらの写真は
蜂さんがインしている薔薇があるんだけども
この構図がお気に入り…!
色も光の加減もいい感じに撮れたと思うのですよ。
何だか楽園に居るような写真になったと勝手に満足。

d0164118_22135160.jpg


d0164118_2214346.jpg


d0164118_22141276.jpg


d0164118_2214288.jpg


本日の薔薇たちは、イメージショット編。
明日はピンで撮影した薔薇たちをご紹介。

d0164118_22131748.jpg


ちなみに、オールドイングリッシュローズは
まだまだ全然開花しておらず。
なので、再来週あたりにリベンジ予定。
去年とても美しかった生け垣も、まだ堅い蕾のままだったので
そちらも再来週に期待します。
by nekogarden | 2012-05-18 22:21 | 植物たち

ベランダの天使たち

d0164118_13102231.jpg


d0164118_13102161.jpg


四月の半ばくらいかな、
フランネルフラワーの小花型の新品種
「天使のウインク」を購入しました。
どうしてもセイコマツダのあの歌が脳裏を過ぎります(笑)
フランネルフラワーは丈が高めで花も割と大きめだったので
カワイイんだけどうちのベランダには無理!と
諦めて我慢していたのですが、この小花種ならいけるかも!と
結構思い切って購入してみたのですが。

これが思いの外、環境に馴染んでくれて。
まーーー、あとからあとからあとからあとから
沢山の花をつけてくれるんですよ!

最初の写真は購入してすぐのもので、
今の状態はこちら↓

d0164118_13102583.jpg


まだまだ、蕾を次々につけていて花が減る気配はありません。
元気いっぱい。カワイイ。


d0164118_13102659.jpg


そしてこちらは、同じ頃に購入した、アストランティアの苗が花をつけました。
3つ購入した苗のうち、ヒトツはお亡くなりになり、もうヒトツは生育イマイチ。
この苗だけが順調に頑張って育ってくれてます。

d0164118_13103033.jpg


天使のウィンクさんにひけをとらないくらい、
次々に花を咲かせてとても華やかなのがこの子。
ペラルゴニウムのエンジェルアイズ。
小花の種類には天使系の名前をつけるのがハヤリなんだろうか。
こちらも次々に蕾をつけて、樹形もこんもり茂って来て、良い感じです。
我が家のベランダはゼラニウム関係の皆様には居心地が良いらしい。
一昨年、お友達から頂いた紅葉ゼラニウムの苗は
去年はお花をつけなかったんですが、今年はもりもり育って
綺麗な紅葉みたいな斑入りの葉がわさわさ。
今、枝の根元にぷちぷちと蕾をつけています。
もうすぐ咲きそう。カワイイ。

d0164118_13102498.jpg


で、室内の天使、ぐりこは相変わらず良く寝てます。
白くてふわふわ。かわいくて癒されます。
by nekogarden | 2012-05-16 13:21 | 植物たち

ビルの谷間の花園

d0164118_23554392.jpg


アークヒルズの中庭にはこの時期、毎年、仮設の花園が出来るんだそう。
というわけで撮影してきました。
去年よりは小規模だということですが、
こぢんまりした雰囲気ながらも多種の花々をバランスよくセンスよく纏めていて
イングリッシュガーデンな雰囲気がよく出ていて素敵でした。

そしてなにより、天空部分がガラスで覆われている中庭なので
吹き晒しの場所とは少し違った温室天窓仕様が功を奏して
光が素晴らしく綺麗にまわるのです。
普通に屋外で撮影するよりも、吃驚するくらい綺麗にお花達が撮れる!
こんなに違うものなのね…。

普通の屋外の陽射しの下で撮ると、
どうしても明暗のコントラストが強くなってしまって
薔薇のような花弁の多い花は、
陰の部分が濃くてアクの強い写真になっちゃうんですが。

ここだとお日様の光が燦々と降り注いでいても
こんなに柔らかくて優しい花が撮れるんですね。
光ってホント、大事!
そして改めて思う。写真って奥が深い…。

d0164118_23553346.jpg


d0164118_23553146.jpg


d0164118_23553690.jpg


d0164118_23553867.jpg


d0164118_23554147.jpg


d0164118_2355344.jpg


d0164118_23553580.jpg


d0164118_23554635.jpg

by nekogarden | 2012-05-14 23:56 | 植物たち

猫額ガーデンに植物増強

先日、また、少し植物たちを買い足しました。
余りにも葉っぱばかりなので、少しくらいはお花も植えてみますか、みたいな。

d0164118_1157166.jpg


以下は植えたお花たちの備忘録。
他にも数種、植えてますが名前が判らない…(>_<)

d0164118_1157619.jpg

一目惚れした宿根草。和名はバレンギク、だそう。
白くて少し緑色のグラデなお花に弱いわたくし。

d0164118_11571429.jpg

和名、初雪草。白い斑入りの葉っぱにも弱いわたくし。

d0164118_11571264.jpg

和名、白雪ミセバヤ。
去年買ったものをダメにしてしまったのでリベンジ。
またダメにしそう(弱気)

d0164118_11571074.jpg

小花的彩りが欲しくて買ってみました。
クフェア。一般的な花壇のお花って感じですが、夏の暑さに強いっていうから。
灼熱地獄のベランダで生き延びてくれるかな。

d0164118_115783.jpg

ハーブに分類されるらしいのです。マートル。
半耐寒ということで。うちのベランダなら越冬できるかな。
花も咲くっていうことだけど蕾は見あたらないですね。

d0164118_12241820.jpg

これも去年、うっかり一日水やりを滞らせてしまったら
すっかり枯れ果ててしまった哀しい想い出が。
本来はとても強い子みたいなので今年はちゃんとお世話しよう。


これ以外に植えたのは
オオゴンマルバマンネングサ、
お花2種類(多分、スカビオサ、赤と白二種)、
グランドカバー要員にリシマキア・ミッドナイトサン(葉色が黒くて写真うつりが悪い子…)


さて来年の今頃までどの子が生き残るんでしょうね。
ちなみに今年もオレガノ・ケントビューティーは綺麗なお花を咲かせてくれていたのですが
大量発生した青虫に食われて見るも無残な姿になってしまって。
とても撮影出来ない…くやしい、哀しい。
虫たちも懸命に生きているので駆除も心が痛むのですがね。
サバイバルぜよ!
by nekogarden | 2011-06-30 12:27 | 植物たち

薔薇園散策

d0164118_16412887.jpg


明日から雨だっていうから。
そして実は車で数分のところにうっかり本格的な薔薇園があるって気付いたから。
シーズン最終、駆け込みで行って参りました。
無料で開放されているとは思えない、素晴らしく見応えのある薔薇園。
辿り着くまで、ちょっと山有り谷有り、ですが。
ハイキング気分で行けば何ということはありませんでした。

d0164118_16412141.jpg


あと数日早かったら、朽ちていない花弁ばかりを堪能できた筈なんですが、
今日はもう、大輪の薔薇たちは随分お疲れ模様でした。
けれどオールドイングリッシュローズは今が盛りと咲き誇っていて、もうただただひたすら、至福。
平日午前中、開場直後を狙って出掛けていったのに、素晴らしく混雑していたので、名前撮影出来たモノと出来なかったモノがあって。
判る範囲で名前を掲載しました。

d0164118_16411617.jpg


d0164118_16414196.jpg


d0164118_16413842.jpg


d0164118_16413678.jpg


d0164118_1641186.jpg


d0164118_16411743.jpg


d0164118_16412565.jpg


d0164118_16412375.jpg


d0164118_16413070.jpg


d0164118_16413191.jpg


d0164118_16413488.jpg


d0164118_16413919.jpg


私のお気に入りはジェントル・ハーマイオニー。
薫りも良くて花の形がとても繊細、そして色がふんわり柔らかな風情で、いかにもオールドイングリッシュローズ、という佇まい。
実家の庭に植えて貰おうかなあ。
by nekogarden | 2011-05-26 16:52 | 植物たち

植え替えました☆

d0164118_1471889.jpg


先日、植え替えを無事に完了して
やっと少し、ベランダが美人に。
まだまだ、満開安売り鉢の紫陽花もとても美人。
そろそろ梅雨になって、一年で一番いい季節も終わっちゃうのかな。
今年の夏も暑いのかな。
爽やかな晴れの陽気が一年中続けばいいのに。

d0164118_1472498.jpg


小手毬、なのかな。名前が判らないんですが。
白いようでいて淡く緑がかっていたり
少しピンクがかっていたりして繊細な色合いがとても私好み。
でも紫陽花は鉢で来年まで生かせる自信がゼロ。
なので花が終わったら実家の庭に地植えして貰おうと企んでいます。
そしたら来年は切り花で愉しもう。てへ。

d0164118_1472062.jpg


植え替える前、買ってきた状態の箱詰め苗さん達。
この箱にぎっしり入っている感じもカワイー。
購入したものは
食用ハーブ(紫セージ、タイム、アップルミント、ローズマリー、バジル)
ベランダ観賞用葉っぱたち(オレガノ・ブックランド、その他何だかもう判らないの5種類くらい)
室内観賞用葉っぱたち(ペペロミア・ジェミニ、ペペロミア・ロタンフォーディリア)
そして、旦那に「うちは花は植えないの?」と聞かれてしまったので、じゃあ花らしいのを植えてやろうじゃないのと、八重咲きのペチュニア、ラベンダー色のもの。

d0164118_1472316.jpg


観賞用の葉っぱたちはこんな感じに寄せ植えしました。
なかなかイメージ通りに植えられて満足です。
奥に見えるのは、去年の冬に友人からいただいた、「さくら乙女」というゼラニウム。
今、とても元気に綺麗な花を咲かせてくれているのです。
もみじ葉ゼラニウム可愛い。このさくら乙女はさりげない花弁の色も好き。
私どうも、はっきりくっきりした花色の花弁はあんまりスキじゃないらしい。
草花みたいなさりげない淡い色合いの花が好きです。
by nekogarden | 2011-05-25 14:23 | 植物たち

五月ベランダと猫の介護

d0164118_12342276.jpg


震災で多肉の寄せ植えがガッツリ引っ繰り返ってしまって
多肉植物用の砂がベランダ中飛び散ったのを掃除する気にならず
暫し放置していた酷い有様のベランダを
陽気が良くなって来たのでやっとこさ、片付けました。
あれこれ引っ繰り返った多肉さん達は無残に傷だらけだったり
放置してしまって元気がなくなっていたりしましたが
少しずつ植え替えをしてあげたら徐々に嬉しそうにぷりぷりになってきました。
去年買った子達がちらりほらりとお花をつけはじめてくれたのも嬉しい。

d0164118_12342030.jpg


まだまだ手入れしないといけないんですが、まあ、
いろいろあって少しずつやるかなあ、という感じです。
その色々、のひとつが、うちの老猫くるみ。
ずっと癌の経過観察をしていましたが、
腫瘍が急に大きくなってきてしまい、ゴールデンウィークに大手術をしました。
もう17歳の長老猫なので手術に堪えるか心配だったのですが
一応、術後の経過も良好でホッと一安心…はいいのですが。
癌のせいなのか自然の流れなのか、痴呆がはじまってしまいました。
日がな一日、大きな声で鳴き叫んでは家中を徘徊しています。
うーん、これには参る。
そんなわけで当分はあんまり外出も出来そうになく。
家の中で見つけられる楽しみに勤しむ日々だな、という感じです。

で、昨日はお天気がよかったので、
少し離れた場所にある大きな園芸ショップさんに出掛けて
段ボール箱に一杯の植物の苗と
花が咲ききってしまった、という理由で投げ売りされていたアジサイを購入。

素晴らしく大鉢の紫陽花がなんと一鉢500円。
今が満開でとても美しいし、とにかく大鉢なので豪華絢爛。
切り花で買う事を考えたら非常にオトクです。
ウホウホと3鉢も購入して今はベランダ花盛り。
薔薇も今がトップシーズンでとても美しいのですが
私は紫陽花のこの控え目で楚々とした風情が大好きです。

薔薇がハリウッド女優だとしたら
紫陽花は街でふと見掛ける
さりげなく美しい良家の子女。
そんな感じ。

d0164118_12341985.jpg


d0164118_12341841.jpg


d0164118_12341632.jpg

by nekogarden | 2011-05-23 12:45 | 植物たち