人気ブログランキング |

猫と植物と雑貨と食べ物。ゆるいしあわせ。


by nekogarden

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サクラ咲く

d0164118_2230478.jpg


東京の桜、開花宣言が出ましたね。
基準になるのは靖国の桜でしたっけ、あそこは日当たりも良いので少し早めに咲くのかな。
私の近所の桜たちは、まだまだきっちり蕾を硬く締めてる感じです。
が、寒桜は綺麗な色で満開。
被災地にも早く春が来るとよいな。
天気予報で零下の気温を聞く都度に、心が痛みます。

余震で少し大きな揺れが来ると、すぐにダイニングテーブルの下に潜る癖がついた昨今。
揺れが静かなうちに、ぐりこをキャリーケースに突っ込む事にしています。
揺れが大きくなるとパニックで凄く抵抗しちゃうんですよね。
くるみは高齢故の落ち着きなんでしょうか、本震の時も泰然自若でした。
単にボケてるだけかもしれない。
署名はそこそこ集まって、あの日記の数日後には本部に郵送しました。
動物たちも少しでも幸せであってくれたらいいと思います。

d0164118_22304991.jpg


地震の余波はあちこちに爪痕を残してますね。
日本経済も暫くは停滞を余儀なくされそうな。
とりあえず今できることをしよう。
…と、そんな気持ちで週末は少し豪華な外食を心がけてみたり。
で、和食コースを堪能。これは桜海老の炊き込み御飯。
これも、或る意味、サクラ。

d0164118_22304582.jpg


春らしいセッティングが心憎いです。
手前は稚鮎の揚げ物、緑色の器はいくらの散らし寿司、
蒼の切り子硝子には、うるいの和え物。

4月末に、仙台の友人がこちらに遊びに来れるかも、とのこと。
今は頑張って日々を生きている彼女とは先日、長電話しました。
震災での苦労話を沢山聞いて、そして生きていてくれて良かったなあとしみじみ。
私たちに出来る事は、与えられている自分の命を精一杯、生きる事、
これしかないんだな、と日々思います。
そして出来得る限りは、自分に恥じる事のない生き方をしたいものです。
自分にだけは嘘をつけないですからね。
by nekogarden | 2011-03-28 22:46 | 徒然
d0164118_234331.jpg



犬のトリミング学校を経営している友人から教えて貰いました。
この署名活動で神戸の震災でも愛玩動物に救済の手が伸びたそうです。
詳細をこちらのサイトでご確認頂き、賛同して頂ける方は
是非、署名活動にご協力を!

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html


ご賛同頂けるのならば、この情報を拡散して頂ければ幸いです。
私ももし被災した時に、猫達と引き離されてしまったら
もう生きる気力すら失ってしまうと思います。
動物達を愛する方々の賛同を得られるよう願います。
by nekogarden | 2011-03-19 23:04

神奈川県東端より

d0164118_8584122.jpg


まだまだ落ち着かない震災後の本日です。
当日はとにかく酷い揺れで
室内の装飾品があれこれと落下、破損。
ベランダの多肉寄せ植えの大きな鉢も無残に落下してしまいました。

しかして、とても有り難い事に家族も猫達も、みんな無事です。
ビビリのぐりこだけは、大きな揺れが始まると抱き締めていた私の手を
思い切り噛んで飛び出してしまって
揺れまくっている室内を脱兎の如く対角線上に逃げ惑い
その経路のどこかで落下物に遭ったらしく
鼻先に少し大きな擦り傷を作ってしまいましたが、命に別状はありません。

それから暫くは、あの大きな揺れを私の仕業だと思い込んで
余震が起こるたびに、
「ママ、また私を苛めてるでしょ」とでも言っていそうな
恨めしげな目で私を眺めていました。
とんだ言いがかりだぜ…。

そんな鼻先に怪我をしたぐりこを撮影する気分にはどうしてもなれず。
震災後はなかなかカメラのレンズの蓋を外す事すらありません。

今は節電で出来る限り電力消費は抑えるようにと努める日々。
弟が東京電力に勤めています、
日々供給がタイトロープな電力とにらみ合いながら
殆ど自宅に帰る事のない彼が
同僚が命懸けで原発と向き合っている事に辛い思いをしているだろうことなど
色々と考えては胸が潰れるような気持ちでいます。

日々のちょっとした買い物をしたくて駅前のスーパーに出掛けても
長蛇の列を目の当たりにすると
そこに加わる気持ちには到底なれずに踵を返していたり。
缶詰やレトルトの買い占めはなかなか収まりませんね。
東京も神奈川も被災地ではないのだし
計画停電はあっても毎日ちゃんと電気は来ているのだし
水道が止まる事もないのだから
何故そんなに慌てて保存食料を買いあさるのか
私にはあまり理解ができません。
負の連鎖が続いているなあと、残念な気持ちになります。
必要最小限の備えだけで良いではないですか。
何だか自分だけよければそれでいい、そんな行動に見えて少し哀しい。

そして無闇矢鱈と、「不謹慎」を振りかざす事も宜しくないなと思います。
いま、海外からは沢山の救援部隊の方々がいらしてくださっていますが
それと同時に海外の投資家の方々は、日本の災害を食いモノに
日本売りや買い叩きを行っているのです。

不謹慎だと日本人同士を非難しあって日本経済を萎縮させてはいけないのです。
それが日本をどんどん廉価なものにしていってしまう。
被災地以外の人がすべきことは、明るく愉しく健やかに、
日々働いて日々消費して、今の萎縮してしまっている日本経済を確り支える事です。
経済が揺らいでは復興もあり得ない。

東京や神奈川のひとたちも
レトルト食品を買い占めるよりも
この連休は外に出て
沢山外食をしましょう。

首都圏の経済を健やかにまわしましょう。
日本は強い、こんな災害で消費が落ち込むようなヤワな経済力ではないのだと
それを全世界に見せつけてやりましょう。
それこそが今、私たちが出来る最大の復興の為の援助になると私は思います。
by nekogarden | 2011-03-18 09:17 | 管理人からのご挨拶系